« 私のホームページ | トップページ | web礼拝upは遅れます »

2006年10月 7日 (土)

日曜日は教会へ

 このコピーは、教会が地域の人々を案内する時に使われる古典的な標語です。はじめてこのコピーに触れた方もおられると思いますので、少々解説を試みます。

 「日曜日は教会へ」と言うこのフレーズを見て、「決まりか」と考える人がいます。それは、学校へ行く子どもに「決まりか」、病院に行く人に「決まりか」と聞くのと同じです。

 人間は外からの「決まり」では時には「辛い」と思う人もでてきます。喜びのない信仰は、意味がありません。私たちが神さまを信じるのは、「喜んで」「進んで」「希望を持って」「生き甲斐を感じて」などすべて前向きでなければなりません。

 「日曜日は教会へ」これは決まりか。と言えば、「内からの決まり」と答えたほうがよいと思います。彼が「行きたい」と思えばそれは「心から」です。こうしてみなさんは教会へ来ます。

 一言、「なら僕は行きたくない」と言う人のために。「それは本当か」をよくよく考えてください。人の心ほど複雑なものはありません。何層にもなっています。自分の心はいくらでも掘り進めることが出来ます。

 「感情」の下に「願望」があり、その下に「迷い」があり、その下に、「知りたい」があり、・・・・・・・・・・・・一番下に、「神さま」と言う「祈りの心」が潜んでいるのです。この一番底に眠っている心に従うことが、人間として本当なのです。

 今日は土曜日ですが、明日は日曜日、「日曜日は教会へ」行きましょう。何処の教会でも歓迎してくださるでしょう。埼玉に住んでおられる方なら、近くの教会へ、そして「インマヌエル浦和教会へおいでください。

|

« 私のホームページ | トップページ | web礼拝upは遅れます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155127/3721323

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日は教会へ:

« 私のホームページ | トップページ | web礼拝upは遅れます »